横浜で家族葬を上げる際に掛かる費用の相場

“家族など、本当に親しかった人のみで故人を弔うのが家族葬です。これまでは故人に敬意を示すためには、盛大な葬儀を開くのが当然とされてきましたが、そういった考え方は変わり、家族だけでひっそりと弔って欲しいという方や、葬儀に費用をかけなくていいと思われる方も増えています。そういった事情もあって、こういった小さい形の葬儀が増えているのです。
一度は住んでみたい都市の1つとも言われる横浜。こちらでも家族葬の需要は増えています。そうなると気になるのがかかる費用ですよね。横浜での相場はどれくらいなのでしょうか。
横浜は東京ほどではありませんが、首都圏でも一二を争う人気都市です。そのため家族葬にかかる経費もそれなりにしてくるようです。相場ですが50万円ほどはかかるようです。小さいながらも葬儀を行うので、これくらいの出費は否めないようです。これ以下での葬儀を希望となると、直葬という形になり、こちらなら30万円ほどで可能なケースがほとんどです。ただ、やはり小さいながらも葬儀を開き、故人を偲びたいとなると、直葬よりもこういった小さい葬儀を選ぶ人が多いようです。
ただ、葬儀会社によってはこれ以上だったり、これ以下でも可能なケースもあるようです。興味のある方は、インターネットで検索して、お近くの葬儀社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。生前相談なども受け付けているところもあるので、気軽に参加してみるといいですよ。”

横浜で葬儀社を選ぶ際の基準

“多くの人が亡くなってしまう場所と言えば、病院であり、横浜市で暮らす人の多くもそういった形で病院で亡くなってしまう人が少なくないです。そうやって家族が亡くなってしまった際、大半の人は、日頃から葬儀社とは付き合いがないため、病院が紹介してくれる所を安易に選んでしまうというケースが少なくなかったりします。というのも、病院がわざわざ紹介してくれる所だから、安心だし、信頼出来るだろう、という考えもあるからです。
ですが注意が必要なのは、病院が紹介する所が良い所であるとは限らないという点です。それ所か、一般の所よりも高い料金を取られるケースが少なくないので、注意が必要だと言えます。とはいえ遺体の搬送だけをお願いするのは失礼ではないかと、気遣う遺族もいますが、それだけでも大丈夫です。
しかも横浜市の様に、人が多く暮らす都市部の場合、葬儀社も数多くあり、豊富な選択肢の中から良いと思える所を選んだ方が良い結果を生みます。では横浜市で、どうやって選び出すかですが、やはり基準となるのは料金です。葬儀というのは、ある程度、高額な料金を覚悟する必要がありますが、高ければ良いというモノでもなかったりします。
特に横浜市の様に、選択肢の多い地域では、選ぶ所により料金の差も大きくあるものです。そのため、ネットを駆使して出来るだけ情報収集する事が大事だと言えます。ネット上には、実際にその葬儀社を利用した人の感想等が、口コミとして掲載されていたりします。なのでそういった口コミチェックを行い、料金と評判の良さというバランス基準が噛み合っている所を選び出すのです。”

横浜で葬儀をあげる際に知っておきたい公営斎場

“横浜市には4か所の公営斎場が存在します。西区の久保山斎場、金沢区の南部斎場、戸塚区の戸塚斎場、緑区の北部斎場です。これらの斎場の利用時間は9時から17時までとなっていますが、南部、戸塚、北部斎場に併設している葬祭ホールについては21時まで使用することができます。
横浜市の斎場の使用料金は、市内在住であるか否かで異なります。横浜市民の場合は火葬炉の使用料金が10歳以上で1万2千円、40人用の休憩室使用料金が5千円となっており、南部、戸塚、北部斎場の葬祭ホールを使用して葬儀等をおこなう場合は南部、戸塚の葬祭ホールが5万円、北部斎場の場合はホールが8万円、大ホールだと22万円が使用料としてかかります。市外の人が使用する場合は上記の料金の1.5倍程度です。
なお横浜市の公営斎場の葬祭ホールを利用して葬儀をおこなう場合、斎場側としてはあくまでもスペースを提供するだけとなりますので、祭壇の設置や料理の手配など葬儀の運営に関しては葬祭業者に依頼する必要があります。また当該葬祭ホールを使用する場合は通夜、告別式、火葬をすべて同一の斎場でおこなわなければいけません。
葬祭ホールを使用する場合は通夜当日の7時までに予約をすることが必要ですが、予約は電話による自動音声案内を利用しておこないます。このシステムは4時から23時59分までが利用時間となっていますので、必ずこの時間帯に電話をかけるようにしましょう。各ホールの利用時間や使用上の注意などに関しては市のホームページに掲載されていますので、そちらを見れば詳細を確認することができます。”